ローン簡易審査について

カードローンの申し込みではお試し診断と題して、
借り入れできるどうかの判断を出しています。
融資が可能であれば、思われますという表現で
本審査のための申し込みができる流れになっています。

このお試し診断は言わば、簡易審査のようなものです。
簡易審査の仕組みは銀行と消費者金融の間でも違いがありますが、
ここで出している結果は社内の審査基準の中でも融資が受けられる
最低ラインを表示しています。

年齢・性別、保険証の種類、他社の借り入れ件数、
銀行であれば住宅ローンなどの債務も簡易審査に加えています。

信用情報の照会

簡易審査は社内の自主基準ですが、次に受けることに
なるのが信用情報機関への照会です。

申し込み欄の内容の中でも、重要視されるのが他社の借り入れであり、
この点を信用情報機関にかけて相違がないかみているのです。
最終的に決済を出すのは営業所のスタッフ、その中でも支店長などの
融資責任者の決済となるのですが、外部の情報である信用情報機関の
データが融資の可否の大部分を占めます。

簡易審査の役割は属性の基礎的な信用状態をみるものです。
ここで通らないケースは、本審査でも通りません。
つまり、貸せる人と貸せない人のフィルターにもなっているのです。
また、ローンを融資する金融会社の側でも、簡易的な審査を先ず設けることで、
本審査の手間を防ぎ、審査にかかる時間の効率性と
属性の絞り込みを図っている面があります。
ネットで申し込めるようになって簡易審査の役割も増し、
利用する側も金融会社を選ぶ手段にもなっている一面もあります。