所得証明不要のカードローン

カードローンというのは、基本的に少額融資になっています。
融資の枠に制限が付いていることからカードを利用した
ATMからの引き落としが可能になっており、
その影響で非常に簡易的な方法によって審査を行なうことになっているのです。

具体的には、必要とされる書類は自身の身分を証明するもので十分です。
これはどのような方法でカードローンの審査をするときでも一緒です。
街角の無人契約機で契約しても窓口で契約をしても、
また近年流行しているインターネットからの契約からであっても全く変わりません。
自身の身分を証明するものをまずカメラで撮影して、
それを持っている携帯端末からカードローン会社に送付すれば
必要な書類の提出は終わりです。

所得証明は不要で借入が可能

一般的なローンで見られるような所得証明は不要なのです。
そもそも、カードローンの審査の条件として正社員であることは求められていません。
公的な所得証明を手に入れるのならば年間で少なくとも
100万円以上を稼いで税金を納めている必要がありますが、
カードローンの審査にはこのような厳しい条件は設定されていないのです。

アルバイトやパートであっても一定の収入が入る状況であるのならば
審査条件はクリアしており、それに伴う所得証明は在籍確認によって
行ないますので、書類は一切不要です。

こうした事柄は全て法的にもきちんと決められており、
実際学生専門の消費者金融もあるくらいですので条件が
軽くなっていて当然だとも言えます。気軽に利用できるのが魅力なのです。